D: It is written. ::: 2009.05.21 Thursday

 

『スラムドッグ$ミリオネア』 観ました!
おもしろかった。やっぱりアカデミー作品賞っておもしろい作品の基準としては間違いない。
ストーリーに疑問や矛盾がなくもなかったけど、一回も中だるみしなかった。
最初から最後まで世界観に没頭できる稀な映画。

特に最初の20分がすごい。スラム街を子どもたちと警官が疾走するんだけど、
スピルバーグの言っていた「映画は最初と最後の20分が決め手」の法則がそのまま表れていた。
なによりもリアル。でもそれをPV一歩手前ぐらいまで映画的に仕上げていて、そういえば監督はトレスポのダニーボイルなんだわ、って思い出す。追われて走るシーンが多かった。得意なんだろうな、どれもとてもスピーディで見応えがあった。
いくつか掲げられたテーマのうち、一番心に残ったのはやっぱりインド・スラム街の壮絶な現実。
日本に住んでると正直あのレベルの貧困って非現実的だけど、きっと事実なんだろう。(きっととかしか言えない自分が恥ずかしい。)
梁石日の『闇の子供たち』っていう小説を思い出した。こちらの舞台はタイだったけど、スラムで生まれた子どもたちの目を覆いたくなるような現実がノンフィクションとして描かれていた。
正直、もっとユニセフとかちゃんと参加しようと思った……

そして中盤からはテーマ「ザ・純愛」が持ち上がってきて、いつの間にか初恋物語に!
それはそれでおもしろかった。そんでラストは、やっぱ踊るよね!インド映画だから!!
踊ってると主役の彼がだんだんかっこよく見えてくるから不思議。というか、
作中は優しくて一途なスラムドッグ役を演じていて、ダンスシーンではカッコつけてみたんだろう。
そうすると本当にそう見えるから、役者ってすごい。映画っておもしろいわ。
結論、映画館で観てよかった! いい映画は映画館で観てずっぽり世界に没頭すべし。
アクション映画じゃなくても、本当にいい作品にはスクリーンで観る価値があるとあらためて思った。


JUGEMテーマ:映画館で観た映画 

スポンサーサイト ::: 2020.02.11 Tuesday

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

 

categories

 

archives

 

recent comment

 

recent trackback

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

profile

 

twitter

 

vgn_innをフォローしましょう

others

 

無料ブログ作成サービス JUGEM