スポンサーサイト ::: 2015.03.29 Sunday

 

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 ::: 2013.04.19 Friday

 

村上春樹の初期の短編に『駄目になった王国』という話があって、
今回の新作を読んだ後、私はその小説の
一番最後の一文を思い出した。

立派な王国が色あせていくのは
二流の共和国が崩壊するときよりずっと物哀しい

長編としては、『ダンス・ダンス・ダンス』と
『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』が一番好きだわ。なによりもあの
一人称。

スポンサーサイト ::: 2015.03.29 Sunday

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

 

categories

 

archives

 

recent comment

 

recent trackback

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

recommend

 

profile

 

twitter

 

vgn_innをフォローしましょう

others

 

無料ブログ作成サービス JUGEM